名古屋市緑区滝ノ水地内

自宅で仲間と楽しむ演奏会 (防音室工事)

リノベーション 名古屋市緑区滝ノ水地内

After

ロフトの昇り口を移動して梯子が邪魔にならないことと、2階の廊下から出入可能にしたことで、画期的なビフォアー・アフターとなりました。

防音室

5.5帖に収納部分を含め、合わせて6帖の室内。決して狭さを感じない空間が出来ました。天井には、スライドレールにスポット照明を設置。

After

2階の廊下からロフト部屋に出入り可能にし、1階の外したドアをリメイクしました。

After

LDKにも併設されたロフト部分に転落防止の手摺金具とシーリングファンを設置。冷暖房等の空気拡散は効率向上になります。

After

インナーサッシは、どのような形のサッシに対しても制作可能です。 今回は、床から天井までのFIX+縦開き窓に合わせて制作しています。

建物 名古屋市緑区滝ノ水地内
お客様 N様邸
築年数 16年経年
施工金額 お問い合わせください。

築16年の中古住宅取得にあたり、外壁塗装・エアコン設置工事などに加えて洋室(ロフト付き)の分割、1部屋を防音室仕様にされたいご要望がありました。

弊社は住いに関することは全てコンサル可能ですので、外壁塗装に於いても最適の材料選び、痛みのある個所に対しての最適な是正方法などの検討を重ねました。

1階にあった11帖大の洋室は、将来2部屋に分割することも踏まえ、ドアは2か所と中央にある窓も等分される位置に造られていました。その1室を防音仕様にすることと、中央に吹抜けとしてロフトへの梯子掛けスペースとなっていたところを変えていく工事も含まれます。残されたもう1室の使い勝手も考え、新しいロフトの入口も刷新しました。

今まで、約3帖大のロフトが二ヶ所あったスペースが、7帖大と1.5帖大のスペースとなり大容量のロフトスペースとなりました。また、2階廊下との間に新たな出入り口を設け1階の不要になったドアをリメイクし、出入口建具に改修しました。

防音室は、内壁を建てて遮音性能を高めた仕様工事を行い、遮音試験での測定値は平均で50dbの削減を達成できました。

その他、LDKの照明計画やシーリングファンなどの提案工事を行い、ご満足いただける工事内容となりました。