名古屋市緑区 パターコース+駐車場工事

遊休地を有効活用!社員の憩いの場に。

宅地造成工事+エクステリア工事 名古屋市緑区 某企業様

施工内容 宅地造成(遊休地)活用
施工面積 約 1,000㎡
施工金額 お問い合わせください

名古屋市緑区にある企業様より、会社に隣接する遊休地を有効活用したい、とご相談をいただきました。

当初、約半分を砂利の駐車場として使用していたのみで、隣接する竹林が侵食している状態でした。

そこで、宅地造成計画をまとめ、砂防法・宅地造成申請の許可を得て、2016年6月に着工いたしました。

2017年2月、約1年に及ぶ工事の末、持て余していた土地が、社員の憩いの場となる【パターゴルフコース】とアスファルトで舗装され車庫入れも楽になった【駐車場】に生まれ変わりました。

クリエートでも珍しいご依頼で、土木工事に始まり、エクステリアまで担当させて頂くという、とても楽しい現場となりました。

工事の様子

まずは、造成工事にあたり、丘陵地の一番低いところに、沈殿池を掘るところから始まりました。

その後、擁壁をブロックに分けて積み上げ、コンクリートを打設していきます。

パターゴルフコースと駐車場の、土台となる部分がようやく完成です。

 

パターゴルフコースができるまで

まずは、パターコースの造成下地の工事です。縁取りや植栽のポットにはピンコロという石材を使用しました。

人工芝を張る前に、整地されたコースに防草シートを張ります。

人工芝は、「12mm」と「30mm」の二種類を使い分け、ラフとグリーンの違いを出します。

通路の部分には、「真砂土」という、昔ながらの自然舗装材を塗り、雰囲気を演出しました。

 

完成したホールをご紹介!

ここで、こだわりのホールをご紹介!
【1番ホール】左からの傾斜がきつく、左右に障害物も!戦略的に攻めるホールです。
【2番ホール】思い切り攻めれば、バーディーも十分狙えるホール!
【3番ホール】中央に丘が…!うまく攻めて、確実にパーを狙いましょう!