現場の裏側ブログ

2018年4月|記事一覧

 

 

ペットは大切な家族の一員。日本の約3割の家庭がワンちゃんやねこちゃんと一緒に暮らしているという空前のペットブームのいま、愛するペットと一緒に快適に暮らしたい!というニーズは年々高まってきています。

 

しかし、いくら気をつけていてもペットの鳴き声などが漏れて、ご近所迷惑になっていないかどうか気になるものではないでしょうか。

 

ペットの鳴き声でのご近所トラブルは絶対に避けたいもの。当社にもペットと快適に暮らすためのリフォームの依頼を頂きますが、より安心して快適にペットと暮らす環境改善リフォームを考えてみませんか?

 

dog-3056131_640

 

ペットの鳴き声と環境

住宅地で人間が快適に過ごせる環境の基準として、昼間は55db以下・夜間は45db以下と環境省が定めています。同じく環境省が行ったペットの鳴き声についての調査では、犬の鳴き声は70db90dbというデータが発表されています。

 

大型犬から小型犬までさまざまな犬種の犬の鳴き声を5m離れた場所から測定した数値で、音の大きさは固体や犬種によって差はありますが、窓を開けていた場合などは犬の鳴き声は隣近所にとっては十分「騒音」に感じられるのです。

 

犬だけでなく、猫や鳥の鳴き声も同じであると言えるでしょう。マンションなど集合住宅の場合、フローリングの床の室内をペットが走り回ったり、家具の上などから飛び降りたりする音が階下やお隣に響き、騒音になってしまう事も考えられます。

 

 

ペットにまつわるトラブル

残念な事ですが、ペットの鳴き声をめぐるご近所トラブルは絶えません。一度トラブルになってしまうと折り合いをつけるのが非常に難しく、社会問題にもなっています。

 

ご近所の方から警察や保健所に連絡されて注意を受けてしまったり、最悪裁判にまで発展してしまったケースもあります。お住まいの地域に「迷惑防止条例」などが制定されていれば、条例違反にあたると判断され罰せられてしまう事も。

 

せっかく手に入れたマイホームに気持ちよく住み続けるためにも、かわいいペットといつまでも楽しく暮らしていくためにも、トラブルになる前に対策をとりましょう!

 

 

ペットリフォームをお考えの方に

ペットも一緒に快適に楽しく暮らすためのリフォームをご希望のお客様も年々増加しています。

 

庭にドッグランを作ったり、ワンちゃんが家の中を走り回っても滑りにくく傷つきにくい素材の床にしたり、ペットが汚してしまってもサッと掃除できる壁材を選んだりなど…ご要望はさまざまです。

 

人間とペットがいつまでも安心して暮らしていけるためのリフォームをお考えの際に、遮音や防音の施工を一緒に考えてみませんか?

 

cat-2558476_640

 

人間もペットも幸せに暮らせる環境整備

閑静な住宅街の中でペットと一緒に生活していくのは、人間にとっても気を遣うものですよね。ペットにとっても「吠えちゃダメ!」「静かにしなさい!」と注意され続けるのはかなりのストレス。これでは人もペットも幸せであるとは言えません。

 

ドッグランや安心できる床材などでペットが楽しく暮らせるリフォームの一端として、同時に遮音工事を検討いただきたいと考えています。

 

動物の習性などによる鳴き声や行動はどうしても起こってしまうもの。うまく付き合っていかなければいけません。

 

遮音工事はご主人の「ご近所の迷惑になったらどうしよう」「本当は怒りたくないのに…」
ご近所の方の「あのお家のワンちゃんの鳴き声いつもうるさくて困る!」
ペットの「なんでいつも怒られちゃうんだろう」「もっと自由に暮らしたいな」というみんなのストレスを、限りなく軽減させてくれるものなのです。

 

ペットの鳴き声対策のためだけに遮音・防音工事を…というのはなかなか難しく、あきらめている方が大半なのが現状です。自宅のリフォームをされる時が絶好のチャンスですので、ぜひご検討いただきたいと思います!

 

 

環境改善工事を行うメリット

遮音・防音工事は家の中の騒音も外からの騒音もシャットアウトしてくれます。

 

自宅のワンちゃんやねこちゃんが発する音はもちろんですが、外の音やよそのお宅のワンちゃんの鳴き声に驚いて無駄吠えをしたり走り回ったりするのを防ぐ事ができ、ペット自身のストレス軽減にもつながります。

 

ご近所への騒音の心配もはるかに小さくなる事でしょう。

 

また、遮音工事は家の中の断熱性能も上げる事ができるので、冷暖房にかかるコストを年間通しておさえる事ができます。比較的夏は涼しく・冬は暖かく過ごせますので、人にとってはもちろん非常に快適ですし暑さ・寒さに弱いペットとお住まいの際でも安心です。

 

ペットも人間も、安心できる快適な空間を作るための施工が環境改善工事なのです。

 

adorable-3344414_640

 

まとめ

ご主人がストレスなく生活できる空間というのは、ペットにとって安らげる空間でもあります。

 

大切な家族の一員であるペットと末永く、いつまでも幸せに暮らしていくためのペットリフォームの中のひとつとして、遮音工事の導入をぜひご検討ください。

閑静な住宅街に建てるマイホーム。誰もが一度は憧れを抱くものですよね。都会の喧騒を避けて静かな住宅地に引っ越しをしても、実は「閑静」だからこそ気になる問題があるという事をご存知でしょうか?

 

それは「騒音」。音にあふれた都会では気がつかなかった遊ぶ子どもの声、大きなTVの音、動物の鳴き声など・・・

 

人間が生活するうえでなんらかの音を発生させてしまうのはやむを得ない事ですが、「騒音」と感じストレスを感じるようになってしまうと、深刻な健康被害につながるケースもあります。
 

3db0c2dfb789857b662074545de54845_s

 

住宅街の騒音基準

環境省が発表している「騒音に係る環境基準について」によると、一般的な住宅街の音の基準値は昼間55db(デシベル)以下・夜間45db以下とされています。これを超える生活音は「騒音」という事と考えてよいでしょう。

 

40dbが深夜の市街地・50dbが静かな事務所の中・60dbがデパートの店内の環境。60dbを超えると人間は「うるさい」と感じるようになります。

 

 

騒音と健康

WHO(世界保健機関)は、大気汚染に次いで騒音公害は深刻な環境問題であるとの見解を発表しています。冒頭で挙げた生活音のほか、会話の声・掃除機など家電の音・スマホのアラームなど、基準に達していない音量でも、毎日続けば気になって仕方なくなりますよね。

 

騒音とストレスには密接な関係になり、下記のような深刻な健康被害を及ぼすこともあります。

 

 

高血圧

ストレスを感じると「酸化ストレス」という作用が起き、体内の細胞を酸化によって傷つけてしまいます。すると体内に慢性の炎症が起き、交感神経が活性化して血圧が上昇。その結果血液凝固が促進され、心筋梗塞や脳梗塞のリスクが上がってしまうのです。

 

とくに夜間の騒音はよりリスクが高まるといわれています。

 

 

 

睡眠不足

周囲の音が気になったりすると眠れない、寝ているのにたびたび起こされてしまう、という事はたまにありますよね。それが毎日、毎晩だったらどうでしょう。

 

慢性的な睡眠不足はストレスのもととなり、体に様々なトラブルを引き起こします。たとえ寝ている途中で起きなくても、脳は動いているので周りの音は脳にインプットされています。自分では全く意識していなくとも音の情報は脳で処理され続けるので、余計な音は知らず知らずのうちにストレスになってしまう場合があるのです。

 

 

 

心身のストレス

騒音はストレスを引き起こします。大きな音が原因の難聴のように音が直接的ではなくとも、騒音が原因のストレスは上記のほかに自律神経のトラブル、心臓病、糖尿病などの原因となる場合もあります。

 

また、「音が邪魔で会話やTVの音が聞こえない」「音が気になって仕事や勉強に集中できない」という状態もストレスの原因になりますよね。

 

ef3a8e649215a20ed2451e81ae7c7466_s

 

 

環境改善工事

このようなストレスにさらされないためにも、住環境は自分たち自身で守っていく必要があります。その方法のひとつが「遮音工事」。遮音工事は生活に密着した工事ですが、多くの方があきらめているのが現状。

 

せっかくご自宅のリフォーム工事をお考えなのであれば、環境改善工事も一緒に行うことも検討されてみてはいかがでしょうか?

 

 

遮音工事とは

遮音工事とは、文字通り「音を遮る」工事。住宅街の中の騒音であるペットの鳴き声、子どもたちの遊ぶ声、赤ちゃんの泣き声や家電の音などを遮断し、音によるストレスを極限まで軽減することが可能です。

 

騒音は最悪の場合「ご近所トラブル」の引き金になることも考えられます。せっかく手に入れた念願のマイホームで、快適に暮らし続ける事ができるように整え、環境を守りましょう!

 

特に、二世帯住宅をお考えの方には床の遮音工事を強くおすすめしています。ふたつの家庭が屋根の下で生活を共にする場合、生活スタイルや活動時間の違いなどで騒音などに悩まされているご家庭がしばしば見られます。双方の家庭が気持ちよく暮らしていくためにも、環境を整える遮音工事がおすすめです。

 

 

遮音工事の効果

先ほど環境省の騒音基準をご紹介しましたが、一般的な住宅街の外部騒音は3040dbほど。繁華街に違い場所や道路の近くの場所は5060dbほどだと言われています。

 

遮音工事では施工方法などによっては50db以上の効果を得る事も可能です。

外部からの騒音も家の中からの騒音も遮音施工が可能ですので、自宅の環境を考慮して数値の目標を決める事もできます。

 

また、遮音工事は遮音性・防音性など騒音に対しての効果のほかに、断熱性能もアップさせます。一年を通して冷暖房費を抑える事ができるので非常に経済的。

心身ともに安らぎ、安心して生活していくための環境を整えてくれるのが遮音工事なのです。

 

 

suburbs-2211335_640-min

 

まとめ

下見の時には気がつかなかったけど、実際に生活してみたら周りの音が気になって生活できない・・・静かな住宅街だからこそ、ご近所のペットや生活の音に悩まされている・・・こんなことはありませんか?

 

リフォームは見た目がキレイになったり生活効率を上げるためだけではなく、快適に暮らすための環境を整えるためのものでもあります。

 

ご自宅のリフォームを検討される際、環境の改善のための施工もぜひ当社へご相談下さい。