現場の裏側ブログ

2013年5月|記事一覧

こんにちは

 

先日から続いている名古屋市熱田区のマンションリノベーション

 

スケルトンに解体したその後です。

 

dscf5280

 

dscf5282

 

dscf5296

 

dscf5298

 

dscf5302

 

dscf5303

 

前回ご紹介した通り室内を解体してスケルトンになった室内に、
既設配管設備も新しくヤリ替えていきます。
これは経年劣化対策として行います。

 

配管工事が終わると、二重床下地を施工していきます。
最新のマンションは殆どこの施工方法を採用しています。

 

床下地が出来たら、間仕切り壁下地を施工していきます。

 

この設備配管・配線のヤリ替えによって、
コンセントやスイッチも好みの位置に付けることができます

 

この後は、元の間取りから想像できない、
全く新しい室内空間へと生まれ変わっていきます

 

” リノベーションによって、資産価値を高めていく・・・ “

 

いよいよ、工事は佳境へと進んでいきます。
次回の更新を楽しみにしていてください

 

 

名古屋市のリフォーム・リノベーションはクリエートにお任せください!
キッチン・浴室のリフォームからリノベーションまで、あなたに最適なご提案をします。

K様邸のマンションリノベーション工事の続きです

 

4月24日に室内の解体工事が終わりました

 

dscf5273

 

dscf5274

 

dscf5277

 

dscf5275

 

dscf5276

 

このように間仕切壁を全て取り払い、躯体コンクリートをむき出しで
前の配線・配管があらわになっている状態のことを
「スケルトンに解体した」といいます。

 

ここから新しい間取りに合わせた配管・配線を行い、
設備も新しくしていく(経年劣化をリニューアル)していくことが出来るのです。

 

〆(・ω・o)<ちなみに!
こちらのマンションは、築26年の中古マンションを取得されています

 

次回から、設備配管・配線を先行して、
二重床の下地工事、床下地不陸修正工事の様子もご報告します!

 

ブログをご覧の皆様も是非この機会に、
リフォーム・リノベーションに取り組む
ノウハウを知ってください。

 

・・・それから
新しい間取り(計画図)は、最後の楽しみに残しておきますね

 

 

名古屋市のリフォーム・リノベーションはクリエートにお任せください!
キッチン・浴室のリフォームからリノベーションまで、あなたに最適なご提案をします。